--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007
12.28

またまた明日香に

Category: 5歳~
夫の年内最後の休みに野菜の買出しに出かけたので、犬も一緒に連れて行って買い物の後公園で遊びました。

犬は目が見えないことに少しずつ慣れているようで、この頃は散歩の時もだいぶ落ち着いています。
家の近くの散歩だと禁止のコマンドばかりで萎縮してしまうようです。
歴史公園のように車も走らずひと気もなく、障害物もないところでは、「ダメ!」や「こっち!」と言われないで済むので、犬はのびのび楽しそうに歩きます。

1226.jpg
鼻をこすりつけて歩くのであごがドロドロになります。

1226a.jpg
うわ!ばっちい!

1226b.jpg
昼過ぎまで曇りの予報だったのに、公園にきたら快晴になりました。
犬は晴れ男。

1226c.jpg
おとうちゃんに電話がかかってきてずっとモシモシしているのでそばによりたいけれどここで待ってます。

犬はもうじき6歳になります。
5歳の一年は波乱万丈でしたが、来年はどうか、安穏に過ごせますように。犬が痛い思いをせずにいられますように。

みなさん良いお年をお迎えください。
スポンサーサイト
2007
12.08

盲導人

Category: 5歳~
犬は3週間ほど食が細くて困っていたのですが、ここ3日は午前も午後も完食でうれしい限りです。
鶏の茹で汁をフードにたくさん混ぜてあげているからかな?
犬は案外「つゆダク派」なのかな?

1207.jpg
今年の定位置で寝ている犬。

1207d.jpg
顔をアップで。

犬の散歩のさせ方に悩みが尽きません。
「見えない」という事実に付き従って歩いているのですが、現実私の目は見えていて犬の見えなさ加減が隣にいてもはっきりとはわからないのです。例えばアスファルトのほんの小さな凹み。犬の肉球の10倍以上の面積の私の足の裏にはなんの支障もないことで、けれど今の犬には足を取られてしまうものなのです。
大きな障害物なら気付きます。でも、そういった小さなことが犬に怪我をさせかねないということが気付きにくい。だから、いかに犬の立場に立って犬の障害になるものに気付けるか、ということを毎日考えながら歩きます。
犬が盲目だと、目印になるようなものを身につけさせたいということも考えます。
車は「これくらいなら犬は避けるだろう」という位置的・速度的目算で走ってきます。しかし、今の犬は車の音に非常に怯え、足を踏ん張って立ち往生してしまいます。
慌てて引っ張れば引っ張るほど動こうとせず、運転する人が舌打ちしながら通り過ぎるのがつらいです。
また、同じく犬を散歩させている人や犬好きな人が道で構ってくれようとするのも有り難迷惑な時があります。
目の保護にもなるし「ドグルス」のようなサングラスをかけさせようか、などと考えて、でもただでさえ目が鬱陶しいのだろうにそんなものは余計に苦になりはしないかなどと悩んでいたりします。

まだ、うまく犬の「盲導人」になれていないのです。
優秀なたくさんの犬の中でもほんの一握りしか盲導犬になれる犬はいないと聞きます。
私はかなりオソマツな人間なので、ちゃんと「盲導人」になれる自信がありません。でも頑張らなければ。

1207a.jpg
私の椅子の下の犬。なぜか椅子のパイプなどにはぶつかりません。きっと配置を覚えているのでしょう。

1207b.jpg

1207c.jpg
夫の座椅子の上で。家の中にいるときは、「とってこい」ができなくなった以外は、全く変わらない犬です。
2007
12.05

また明日香に行きました

Category: 5歳~
明日香にまた野菜を買いに行ったので、犬も連れていって公園で遊びました。

1205.jpg
寒くて風も強いけれどとてもいいお天気。

1205a.jpg
犬の目は見えてないけれど、広い草の上を歩けるのが本当にうれしそう。

1205b.jpg
歯をむいちゃっていますが。空が青いです。

1205c.jpg
おとうちゃんに呼ばれると足にすりすりしてうれしがります。

前の日に、鼻の下をお医者で診て貰って、やっぱりすりむき傷の痕ではないかということでした。ホッとしました。
2007
12.03

こんなものができました。

Category: 5歳~
1202.jpg

土曜日の夜に犬の口にこんなものができているのを見つけました。

犬は、11月の28日には、それまで普通に飛び越えていた道の溝なども飛べなくなってしまい、ほぼ失明状態になりました。右目の白濁がすごいスピードで進んだようです。
それで、散歩に行っても、ニオイにつられて前に進んだものの、コンクリートの縁石などに(またそういうところは犬がよくマーキングするところ)鼻面をぶつける、ということが度々あるので、擦り傷の類かもしれないとも思うのですが、それにしては血の出た様子などもないですし、脱毛しているのも気がかりです。

デジカメの画像を見返してみたら、11月17日に鼻面のクローズアップを撮っていますが、そのときにはなんともなっていませんでしたので、悪いものであることも考えたりしていましたが、やっぱり擦り傷なんだろうか?と今悩んでいます。
2007
12.03

明日香に遊びに行きました

Category: 5歳~
犬はどんどん目が見えにくくなってきているので、この頃は近くの散歩でも気を使うことが多くて、あまりのびのびと散歩を楽しめなくなってきています。

かわいそうなので、広い所で遊ばせてあげようと、明日香の歴史公園に犬を連れて行きました。ここは犬の散歩は禁止になっていません。

1125.jpg
犬と私。

1125a.jpg
走る犬(多分こうした写真が撮れるのはこれで最期。何故なら犬はもうまるで見えなくなってしまったから)。

1125b.jpg
おとうちゃんと歩く犬。

犬は見えにくいのにものすごく興奮して、あっちに引っ張ったりこっちに引っ張ったりするので、私は怒ってばかりいて、犬はかえって楽しくなかったかもしれません。ごめんね、犬。
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。