--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006
10.16

4ヶ月

Category: 4歳~
若年性白内障の診断が出てから4ヶ月です。

061016.jpg
↑左目の瞳は真っ白です。

061016a.jpg
↑右目は一見まだ正常ですが底が青白いです。

今日は、以前ぴょんぴょん飛び越していた溝に後足をはめてしまいました。さきおとといは、遊んでくれた隣の奥さんの足にぶつかっていました。

もっと一緒に、いろんなものを見たいねぇ。

061016b.jpg
↑和室の縁側で。朝日がまぶしいです。
スポンサーサイト
2006
10.14

こんどのおやつ

Category: 4歳~
061014.jpg
キシリトールの犬ガムを捨てちゃったので新しいおやつを買ってきました。
チーズ味のビスケットです。
「はやく、たべたい…」
2006
10.11

右目も

Category: 4歳~
右目の底が明らかに青白く光るようになりました。白内障があらわれはじめたようです。
この間は遊んでいて、夫のパソコン座卓のキーボードのところに顔をぶつけました。はしゃぎやすい犬なので、目の事がわかってから、なるべく騒ぎ過ぎないように、興奮した時には伏せをさせて興奮を鎮めるくせをつけているのですが、性格まで直せるわけでもないので、今後は犬に怪我がないよう十分に気をつけなければと思っています。

061010.jpg
↑居間の窓からの日差しがだいぶ傾いてきました。

061010a.jpg
↑「おかあちゃん呼びましたか。何か用ですか」

061010b.jpg
↑「用の無いときはたわむれに呼ばないでくださいね」

061010c.jpg
↑いつもの爆睡スタイル。そろそろ雪割草シーズンです。
2006
10.04

キシリトール

Category: 4歳~
Yahoo!のニュースで、犬にキシリトールを与えると低血糖になるというのを先日初めて知りました。
なんでも、人間ではキシリトールを摂取してもインシュリンが分泌されないのに、犬はインシュリンが出てしまうということだそうです。
摂取したキシリトールの量が多い場合には、ひどい時には死に至ることもあるそうです。

ウチの犬は毎日、ご飯の後にキシリトール入りのはみがきガムの小さいのをひとつ食べさせていて、知らぬこととは言え血の気の引く思いでした。ちょうど2袋買い置きしたところだったのですが捨ててしまいました。

ネットで検索すると昨年辺りからそのことに触れたブログもあって、それなのに、キシリトール入りのおやつが売られていたのにはちょっと納得がいきません。
私も勉強不足だったので自分を責めたり。これで犬に障害が起こったりしなければいいのですが。

今日の犬
061003.jpg
↑目つぶっちゃいました。

061003a.jpg
↑撮り直し。

061003b.jpg
↑庭で遊んでいたらひっつきむし(キンミズヒキの実)がつきました。

061003c.jpg
↑お父ちゃんの横で。

朝から明日香に行き、午後は庭仕事で、明るいところばかりにいたので、左目が充血してしまいました。目薬をさしたら治りました。
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。