--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007
07.31

病院へ行きました

---この記事は2007年8月10日に書いています---

7月21日に、犬の散髪をしたところ、左目の目尻の上に4ミリ程度の丘状のふくらみを見つけました。

0801a.jpg
0801b.jpg
(↑の写真は8月1日に撮影しています)
表面は薄赤くなめらかで、脱毛しています。さわるとあまりコリコリとした感触ではありませんが顕著に周囲とは異なります。さわっていると発赤します。
これまでも犬は、左後足に二箇所、左前足のわきの下に一箇所、しこりのようなものができたことがありますが、いずれも獣医師に診てもらい、特に心配するべきものでないという診断をいただいた後、何週間かでしこりはなくなりました。
それらのしこりと、今回できたものはなんとなく様子が異なるような気はしましたがとりあえず経過を観察しておこうと思いました。
折悪しく梅雨の終わりの雨や病院の休日も重なり、1週間過ぎて、あらためて念入りに調べたところ、1ミリ強ふくらみは大きくなっていました。
ふくらみを発見してから10日後の7月31日、かかりつけの動物病院に診察に出かけました。

丁寧に触診していただき、このふくらみは以前できたものとは異なるもののように見えるので、まだふくらみが小さく、目の側なのでうまくとれるかわからないけれども針生検(ニードルバイオプシー)をして組織を採取しじかに見てみたほうがよい、ということでした。
針生検をお願いしました。
獣医師と助手の方(奥さまだと思われます)にしっかりおさえていただいてどうにか無事に組織が採れました。

結果、採れた細胞は腫瘍性のものでした。
悪性の可能性が高いだろうということでした。

犬の皮膚腫瘍の内でと非常に予後が悪いとされる「肥満細胞腫」なのでしょうか?とお尋ねしたところ、医師もそれを第一に心配されたようなのですが、肥満細胞腫に特徴的な細胞内の顆粒は見当たらないとのことです。
ただし、腫瘍がまだ小さいので、顆粒を含む細胞がうまく採れていない可能性もあり、また、未分化の肥満細胞腫では顆粒をあまり含まないものもあるということで、肥満細胞腫を完全に否定はできない、ということでした。
(未分化の肥満細胞腫はもっともタチの悪い犬の皮膚がんのひとつと言われているので、胸に冷たいものを飲み込んだような恐ろしい心地がしました)

肥満細胞腫の場合、小さな腫瘍であっても転移再発の危険が大きいので、切除手術をする場合は必ず2~3センチのマージンをとるということを知っていました。それで、「この犬の場合、すぐ目の上ですし、大きく切り取るということはできませんよね?」と伺いました。「そうですね」と医師は仰いました。

手術をどうされますか?と聞かれたので、お願いしますと答えました。

もし、肥満細胞腫であった場合、まして、グレード3の未分化なものであった場合、マージンを大きくとっても治癒の可能性はそんなに高くないでしょうし、ましてギリギリの切除ならおそらく助からないでしょう。
でも、他の悪性腫瘍やあるいは良性のものなら切除すれば永らえるかもしれません。いずれにしても、組織切除して細胞診に出さないと腫瘍の種類もわかりません。

手術の説明を受けました。血液検査のために採血をしました。
半日またはそれ以上の入院があるので、今年はまだやっていなかった8種ワクチン(犬ジステンパー、犬伝染性肝炎、犬伝染性喉頭気管炎、犬パラインフルエンザ、犬パルボウィルス感染症、犬コロナウィルス感染症、犬レプトスピラ症×2)接種をお願いしました。

手術は8月4日に決まりました。お昼前の11時半に病院に連れて行き、前麻の注射で朦朧となるところまで付き添って、麻酔がかかったらお預けして自宅待機という段取りです。
当日は夫が職場でどうしても抜けられないイベントがあるのですが、時機を逸して腫瘍がこれ以上大きくなるのを見過ごしにはできないので、独りで犬の送り迎えをすることにしました。

ワクチン接種をしたので毎月末のフィラリア予防薬を飲ませていいかどうか伺ったところ、明日にした方がいいということでした。

当日の会計は
ワクチン8000円
針生検1500円
血液検査6000円
計15500円でした。ワクチン接種があったので診察料はオマケということでした。

往きは散歩ついでにリードをつけて歩いて行きましたが、帰りはワクチンも接種しているので抱いて歩いてきました。家から動物病院までは歩いて15分強で、炎天下の6kgの犬は決して軽くはありませんでしたが、犬の重みのかけがえの無さを思って、涙が出そうになるのを仰向いてこらえて、犬に笑いかけながら歩きました。

0731.jpg
↑帰宅して撮った腫瘍の場所の写真。針生検ではかなり出血しました。
0731a.jpg
犬はケロっとしています。

0731b.jpg
いつものように涼しい玄関で仰向けに寝る犬。

0731c.jpg
体力をつけさせようと鶏肉をたっぷり入れたご飯にしましたが、あまり食欲がありません。
スポンサーサイト
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。