--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
09.30

てづくりおもちゃ

Category: 10歳~
ちょっとばたばたしていて間があいてしまいました。

犬は・・・拍子抜けがする、と言ってしまうと不遜な気もしますが何事もなく過ごしています。鼻の腫れもなし。鼻水も膿も鼻血もなし。鼻血7ヶ月目記念も4日前に過ぎました。
熟睡していると鼻息の音が大きかったりはしますし、首を振るのも相変わらずだけれど、お散歩の時は走ったりはしゃいだりするし、なんか調子がいいようです。
11歳の誕生日まで3ヶ月。きっと無事迎えられると思います。

の方は週に2回くらい摘便です。オシッコはphの一日の内の変化が大きくて、夜は8近くなったりしますが朝は6くらいなので大丈夫かな?ご飯もよく食べ、夜はヘソ天でよく寝ています。

犬にふと思いついておもちゃを作りました。

120930.jpg
おとうちゃんの古くなった靴下に鳴き笛を2つ仕込んで化繊綿を入れて口を閉じました。

押入れに山ほどある手芸材料の中にたしかぬいぐるみの目があったはず、と探していて、以前買ったまま忘れていた鳴き笛を見つけたので、作りかけの編みぐるみをほったらかして。

120930a.jpg
手作りの犬のおもちゃを検索してみると、飼い主のにおいのする衣類などをリサイクルして作るとよいと書かれていたので、特に犬の好きなおとうちゃんの靴下で。

120930d.jpg

120930b.jpg
このご執心ぶり!
あまり自分から鳴らすことはしないのですが、噛むのも「とってこい」をするのも大好きなようです。
作ってよかった。
スポンサーサイト
2012
09.16

そんなかっこで

Category: 10歳~
120916.jpg
私のパソコン用の椅子の足に無理やり首をもたせかけて寝てる犬。

このところの犬は、鼻の方は変化がありません。腫れてもいないし、鼻水・鼻血もなし。くしゃみもほとんどしません。首振りは週の初めはほとんどありませんでした。おとといくらいからまたちょっとしています。

の方はダメダメ。1週間で摘便3回でした。でも私も摘便が上手になってきて、短時間に負担少なくできるようになってきました。

毎晩夜に「今日も一緒にいてくれてありがとう。明日も一緒にいてね」と私の布団の足元で寝る犬に言うのが就眠儀礼になりました。
2012
09.11

おいしゃへ

Category: 10歳~
8日の土曜日に近所のかかりつけへ。
この間の鼻の腫れのことや膿のことなどを報告してコンスーベンをふたつもらってきました。

昨日の10日月曜日は眼科の予約の日でした。眼の状態はいいなぁと思っていたとおり、眼圧は左17、右14ということない状態。
先生がおっしゃるには、技術がどんなに進んでも医者ができることはたかがしれている、一番大事なのは動物の治る力と、それを支える家族の努力なんですよ…と。
私たちにしてみれば、もちろん犬が自分の体を治す力に及ぼす何の手もないので、ただただお医者がこうしなさいということを守っているだけで、あとはとにかく、常と変わりがないかどうか犬の様子を見ていることしかできません。私たちのできることのほうがほんとうにたかがしれていて、お医者の知識や技術を心から頼りにしているんです、と言いたかったけど、強弁するのもそぐわない気がしてただ笑って伺っていました。

犬は頻繁になっていた首振りの回数がかなり減りました。鼻の膿が出てからのような気がしますのであの膿が出たのはよい兆しだったのかな?
鼻水も鼻血もまったくありません。
お盆前後の犬がしんどそうだったとき散歩のスキップ歩きが全然見られなくなっていましたが、最近はスキップが復活しました。スキップは犬が楽しい時のバロメーターっぽいので、体調はよさ気な感触です。
の方はちょっと××。コンスーベンが切れかけていたのでマルツエキスで代用したりしたのが調子を崩してしまったみたいで、3日連続の摘便があったばかり。今朝の散歩もかためでした。

120911.jpg

2012
09.04

膿が出ました

Category: 10歳~
今朝散歩に行った時、昨日よりもちょっと元気がなくて私とあまり目を合わさないので心配して見ていたところ、ちょっとくしゃみをした後に逆くしゃみを起こしそうな息を始めたので、いつものように犬の背中をさすってやったら逆くしゃみが止まりそうに見えたのですがまた息を荒げて5回くらい逆くしゃみのしゃくりあげをしてからまたくしゃみが始まって連続3度目のくしゃみの時に犬の右側の鼻のふちにべっとりと黄色っぽい膿がつきました。その前のくしゃみで飛び散ったものもありそうでした。

膿が出たのは初めてです。

膿はたぶん副鼻腔から出てきたものでしょう。この間腫れた箇所なら普段のくしゃみで出るはずだから。
副鼻腔に異常があるのだとすれば、犬の鼻の病変は鼻の奥へ、鼻の奥から脳や眼球や口腔へと進んでいくと考える方が理にかなっています。

今日は一日ぐったりと眠っていました。ご飯は喜んで食べるのだけれどね。

120904.jpg
犬におねがい。もしその日がきたら、どうかおとうちゃんが帰ってくるまでは行っちゃだめだよ。おとうちゃんはまた転勤みたいでおうちにいる時間がすごく減っちゃうけど、ややがお別れもしないで行っちゃったらものすごく悲しむからね。
2012
09.01

どうなってるの?

Category: 10歳~
…犬の鼻の腫れがひいてしまいました。
先週の初めから調子が悪くて、散歩に行きたがらず行ってもものすごい年寄りの犬のようにトボトボ歩き、一日中ぐったりと寝ているだけになってしまったので、このまま悪くなる一方なのかもしれない、と思っていたら、週明けごろには散歩の足取りもだんだん軽くなり、今週の月曜の朝には嘔吐もありましたが、そのころには鼻の腫れがすっかり引いていました。
心配してどたばたしている間に、犬の「鼻血半年記念」もとっくに過ぎ去ってました。

なんなのだろう、犬のこの鼻は。
がんなら、一度大きくなったものがそんな簡単にひっこむようには思えない。相変わらず鼻血も鼻水もないし。
でも、鼻の腫れのあった部位より先は骨があるべきところがなんだかフニャフニャで、やっぱり骨が溶けてしまっているのは確かだし…

120831.jpg
↑ちょうど腹を壊していたおとうちゃんといっしょに寝てる犬。

このところは4日に一度くらいのペースで摘便している犬です。目はとてもきれい。
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。