--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
12.31

あしたはたんじょうびです!

Category: 10歳~
3月の鼻腔内腫瘍の告知?から9ヶ月。次の誕生日はもうないのかと思っていたのに鼻血は全く出ず、鼻水も1回膿が出ただけで、症状の悪化はほとんどないといっていい状態でどうにか誕生日を迎えられそうです。

ただ、先日、低タンパク血症の原因を調べるためにした、食前食後の胆汁酸をはかる血液検査で問題のある数字が出て、「門脈シャント」ではないのですが何らかの微細な血管の短絡があって胆汁酸が体循環してしまっているらしいことがわかりました(低タンパクの方はアルブミンの値がなんとか正常なので低グロブリン血症のようです。こちらはとりあえず緊急性は低かったみたい)。

胆汁酸が体循環しているということはアンモニアも同様と考えられるのだけれど、ここ3回の血液検査ではアンモニア量をはかっていないのでよくわかりません。
低タンパク血症なので高タンパク食をと、ささみのゆでたのを多めに食べさせたりしていたのですが、それと関係があるのか胆汁酸の血液検査の前後犬がかなり元気をなくしていました。でもアンモニアが体循環しているようならアンモニアの原料になるタンパク質は摂取を控えないといけません。今は肝臓に負担をかけさせないようにロイヤルカナンのエイジングケアに白飯とオールブラン、野菜と豆腐を煮たものを混ぜたものにサプリメントの「ベジタブルサポートという粉末をふりかけいつもの犬スープでふやかして与え、ヨーグルトを1日大さじ2杯分強食べさせています(アンモニアを産生する腸内細菌を減らすため)。おやつもタンパク質の多いものはあげられないのでボーロとクッキーだけです。

眼圧は17日の眼科の診察時に右20、左45になってしまい、手術をと言われています。麻酔のことがあるのでこの肝臓の問題を次回の診察時に眼科に伝えてさてどうなるか。

とにかく次の血液検査ではアンモニアを測定してもらってその結果で手術に問題ないようなら、夫の休みを調整してもらって目の手術をする…というようにうまくいくといいのだけれど。

121231.jpg
今の犬ご飯をずいぶん気に入っているみたいでご飯後のハイなお顔です。

よいお年をお迎えください。
スポンサーサイト
2012
12.02

やったね!

Category: 10歳~
犬と私のヨーグルト生活。
コンスーベンを1日2滴に減らして、代わりにヨーグルトを大さじ1杯くらいを1日2回食べさせています(おまけに人間も小鉢1杯くらい食べてます)。
下剤のチカラなくして出るかなぁ??とおそるおそるでしたがなんか調子よいようです。
立派なブツに毎朝お目にかかれて私は幸せ。人間の方には全然効かないのですが。

左目もちょっと調子よいのではないのかなぁ?と勘で思ってはいます。眼圧は次の診察まではかれないのでわかりませんが、白目の色合いも触った感じのかたさもなんとなく。

左の鼻の穴をふさいで右の鼻を軽く吸ってみると「ずずぅ」と何か障害物が震えるような音が右鼻からしますので、鼻の中の何かはやっぱりあるようです。寝ているときの寝息もこのごろはただの息を卒業してイビキの仲間入りをしそう。つらいけど、でも、今年の3月に考えていたことに比べたらこんなにいい経過をたどっているのがウソのようで、だから幸せな毎日だなぁと思えます。

お散歩で。
121202.jpg
「じゃ~~んぷ!」

121202a.jpg
写真が下手で躍動感ないけど、ンコしてるんじゃなくて走ってんの。

121202b.jpg
5月に7か月分もらった時は全部飲ませきるのは無理なのかと思ってたけど、ちゃんと全部飲んだフィラリアの薬(6月末2日遅れたのは大目に見てネ!)。
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。