--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
12.31

年男まであと4時間ちょっと

Category: 11歳~
131231.jpg
ビッグコミックオリジナル12月5日号の表紙なのですが、なんかウチの犬によく似てて、すごくかわいくて。

犬の左目は完全に失明してしまいました。
10月まではコントロールされていたはずの眼圧が、11月11日の眼科の診察の時には左が38~42という数字。目薬を1種類増やして1週間後に再び診察したところ左56。気付かぬうちの高眼圧で視神経が多分やられてしまったのでしょう。
特にウチの犬のように緑内障のレーザー治療をした犬は眼圧が上がってもあまり痛がらない傾向があるらしくて、なんとなく角膜の浮腫(黒目が白っぽく浮いて見える)があるっぽいな?とは思っていて、それを前回の診察の時にも先生に言っていたのですが、その時は眼圧は正常だったし、視力が落ちているような感じもあったけれど瞳孔の小さくなる目薬をさしているので光量が足りなくて見えないのだろうと思っていたし、いつ失明してしまったのか全くわからないのです。
毎日何度も犬の眼を覗き込んで犬の変化にも気付いていても「見えないよ」「痛いよ」とは言えない犬だから、もっとちゃんと気付いてあげればよかったと思ったり、でも実際気付いても何もできることはないのだから仕方がないのだと自分を慰めたり。

12月の眼圧はとうとう60。今後、犬がかなり痛がる様子を見せるか、あるいは眼圧の高まりから眼球が大きくなってしまう「牛眼」の兆候が見え出したら、眼球の表面の皮だけ残して中身を取り出し、代わりにシリコンボールを入れるインプラントの手術をしようということになりました。肝臓もなんとか麻酔に耐えられるだろうとのことです。

緑内障のワンコのことを書いてあるブログを以前からいくつも読んでいますが、ウチの犬は片目をつぶってしまったりとか眼を気にしてこすったりとかもしませんし、痛みに震えたりする様子もありません。
ただ、眠っている時間がとても多くなりましたし、ゆっくりリラックスした様子で眠れず、何度も寝場所を変えたり、室温が十分あるのに丸まって寝たりすることも時々ありますので、そういう時はちょっと痛みを感じているのかな?と思います。

年末になってちょっと元気がなさそうな犬。
131231a.jpg
お散歩に行く準備をしてもうつむいて固まっていたり…

でも明日で犬は12歳になります。犬の還暦かな?
こんなにあちこちトラブルだらけの体でこれまでずっと一緒にいてくれて本当にありがたくうれしいです。
来年もずっと犬と一緒にいられますように。
スポンサーサイト
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。