--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
07.09

術後27・28・29・30日

140709.jpg
術後27日目の左眼。

140709a.jpg
術後28日目の左眼。

140709b.jpg
術後29日目の左眼。

140709c.jpg
術後30日目の左眼。

白い部分が日を追うごとにちょっとずつ増えている感じです。
透明な滲出物はまだ出ていますが、1時間ごとに拭き取るような量ではなく、一日に数回拭けばよい程度です。

140709d.jpg
半分ヘソ天で寝たりします。


140709e.jpg

昨日(8日)はお医者でした。
状態がだいぶよくなったので、飲み薬が変更になり、ステロイドが半錠で2週間、抗生物質はなしになりました。
点眼は変わらずです。
エリカラはどんどんとってください、ということで、帰宅してからほとんどとって過ごしたのですが、夫の帰宅時ちょっと目を放した隙に左眼をこすったらしく、ちょっと出血。あわててまたエリカラをつけました。
今日は、家事をするときと買い物のときだけエリカラをつけて、あとはほとんどなしにしてみました。

お散歩も元気よく歩けるようになってきて、溝のジャンプの勘も取り戻してきました。
再手術の可能性はまだまだ消えていないのですが、体調も戻ってきたみたいなのでちょっとホッとしています。

140709f.jpg
顔もずいぶんすっきりしてきました。
スポンサーサイト
2014
07.05

術後24・25・26日目

140705.jpg
術後24日目の左眼。

140705a.jpg
術後25日目の左眼。

140705b.jpg
術後26日目(今日)の左眼。

周囲からだんだん白い部分が広がってきました。
シリコンインプラントをすると、はじめは角膜(黒目)が赤くなってきて、その後白い部分が増えてきて、その途中は赤白のマーブルのような状態になり、白くなったあとは黒っぽく変化してきて、ほとんど黒くなる子もいればグレーのままで落ち着く子もいるらしいです。
犬の今の左眼は、見る人によっては気味が悪いかもしれませんが、とっても不思議な色合いで、とにかく私はかわいいと思います。

日曜日に出血があって1週間。
まったく出血はありません。
ただ、透明な滲出物は量は少なくなったもののまだ出てきます。
目尻側の奥のほうにまだ溶けていない糸がありますので、それに対するアレルギー反応かもしれません。
早く全部の糸が溶けてしまうといいのですが。

140705c.jpg
矢印の先の部分が血豆だった場所で、今は肉色になりました。これが肉芽かな?

目のかゆみがなさそうなのでエリカラを1日何度かはずしています。

140705d.jpg
カメラが嫌いな犬で(飼い主そっくり)、なかなかいいお顔を撮らせてくれませんが、これはかわいい。
2014
07.02

術後22・23日目

昨日はお医者さんへ行きました。

出血箇所を綿棒を押し当てながら診ていただいたのですが、出血はしたもののじきにとまりました。
少し状態がよくなっているとのことです。

目頭側の「フラップ」部の下の切開部だけ炎症反応がひどいので、ステロイドでたたいていくという治療になりました。
プレドニンの5mgを1日1回、抗生剤を今までどおり、服用です。目薬の方はサンテゾーンがなしになって、左眼はタリビッド、右眼はステロップを1日2回になりました。

ステロイド治療が思ったように行かず、瘻孔が残るような場合には穴をふさぐ手術をしなければならないということです。その場合にはごく短時間ながらもやはり全身麻酔下になるとのことでした。

140702.jpg
病院を出たところ。おとうちゃんに抱かれて。

出血がまたあったら・・・と心配していましたが、29日の朝以降大きな出血はまったくありません。

140702a.jpg
今朝の左眼の様子。角膜の赤い部分がさらに中央に広がりました。周辺部は白い部分もでき始めました。

140702b.jpg
瞬膜の下に血豆のようなものができています。ここが出血部位だったのかもしれません。このままうまくかたまってくれるといいな。

左眼はパッチリ開くときもあり、透明な滲出物がいっぱいになって閉じてしまう時もありですが、目を気持ち悪がって頭を振る動作や前足で掻く動作は顕著に少なくなりました。

140702c.jpg
今日はこんなお顔もしてくれました。
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。