--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
02.10

3時の嘔吐

Category: 14歳~
昨日は一日中具合の悪い犬で、震えて、息が荒く寝付けずに、起き上がり、寝床の場所を変え、毛布を引っ掻き回す元気もなく、2階の寝室のケージに連れて行ってからやっと静かに寝てくれたと思ったら、1時間もたたずにまたケージの中をうろつき回り、3時から嘔吐を始めました。
嘔吐が止まらないので、夫の睡眠の邪魔になってはと思い、階下の居間に下りてきて、5時前まで嘔吐と呼吸困難と震えを繰り返す犬の世話をしていました。
最後の嘔吐の後の呼吸困難では舌が青紫色になりチアノーゼを呈していたので、もうだめなんじゃないかと正直思ったのですが、その後だんだんに犬が落ち着いてきて、うとうと眠るようになりました。震えもなしです。

嘔吐がひどかったので夫に出勤を遅らせてもらい、今日もお医者に行ってきました。
熱を測ったら、37.9℃で高めの平熱。
前日より元気もあったので輸液と吐き気止めだけで帰宅しました。

午後からはまたそわそわしてよく寝ない犬。
嘔吐の後なので食餌をごく少なく、何度かに分けて食べさせました。
夕方5時に起きてからまた震えが・・・8時の晩の食餌まで震え続けで、食餌の後少し眠って止まっていたのですがまた9時ごろから震えました。熱を測ってみると38.6℃。また発熱です。
今日飲ませるはずのアザチオプリンは以降のませないことになっているので、この後犬の免疫力が上がってはやく悪い病原体をやっつけて欲しいのですが。

160210.jpg
今日の犬。昨日よりは少しまなざしに張りがあるように思うのだけれど。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。